歯周病になってしまったらどうする?治療方法や症状を見てみる

歯周病と虫歯の違いを把握しよう

歯周病

現在、数多くの成人がかかっていると言われる歯周病は嫌気性菌が原因で発症してしまう病気です。歯周病になると歯の周りにある組織を破壊していくので注意が必要となります。

虫歯

虫歯は年齢関係なく発症してしまう歯の病気の代表とも言える存在でしょう。ミュータンス菌が歯の表面に張り付いていることによって虫歯になってしまいます。最終的には虫歯によって歯が失うこともあるのできちんと治療をしていくことが大事です。

歯周病になってしまう4つの原因をチェック!

歯垢(プラーク)

歯周病になってしまう最大の原因は歯垢と言われています。生きている細菌の塊が歯垢となって発生して歯と歯茎の隙間に多く潜んでいるでしょう。歯垢から発せられる毒素で歯茎に炎症が起きて、歯周病になってしまう恐れがあります。

口内トラブル

口の中で発生する様々なトラブルも歯周病の原因となってしまいます。特に歯垢が石灰化してしまった歯石には注意が必要です。歯石が出来てしまうと通常の歯磨きでは落とせないので、そこから歯周病を引き起こしてしまうでしょう。

生活習慣

歯周病は喫煙や食生活の影響によっても引き起こしてしまうので、きちんとした生活習慣を過ごすことも大事です。喫煙は歯茎の血行を悪くしてしまう性質を持っているので要注意です。また、栄養バランスが偏っている食事や甘いものばかり食べていると歯茎などに悪影響を及ぼしてしまいます。

ストレス

実はストレスでも歯周病を発症してしまうこともあります。ストレスが溜まってしまうと歯磨きや食生活に変化が起こってしまうでしょう。また、強いストレスは身体全体の免疫力などを低下させてしまうので、ちょっとしたことでも歯周病に発展してしまう可能性があります。

歯周病になってしまったらどうする?治療方法や症状を見てみる

ウーマン

歯周病の症状

恐ろしい歯の病気として知られる歯周病。歯周病を発症してしまったら歯茎などが腫れたり、血が出たりと様々な症状を引き起こしてしまいます。歯周病を放置して悪化させてしまうと、歯が抜けていくのできちんと治療を受けていきましょう。そんな歯周病ですが、冷たいものや熱いものを口に含んだ際にしみてしまう、硬いものを食べると歯が痛む、口臭がひどい、膿や血が出るなどの症状が出たらすぐに歯科医院に行くことです。

一般的な治療法

歯周病を発症して歯科医院に行くと基本的に歯垢や歯石の除去、噛み合わせの調整、歯の根っこ部分の滑沢化などの治療を受けていきます。この基本治療を受けることによって歯周に関する組織が治っていくでしょう。なお、歯周病によって失ってしまった歯はインプラント治療などを実施していく場合もあります。

きちんと治療をすれば治る!

歯科医院で治療をすることによってちゃんと歯周病は治るの?と疑問を抱いている人も多くいると思いますが、きちんと治療を受けることによって歯周病は改善します。また、歯周病は治療の他にも予防も大事となっています。歯周病にならないためのケアを日頃から行なうことで歯周病知らずの口内になれますよ。大阪にある歯科医院では歯周病に関する治療や予防ケア、検診などを実施しているので利用していきましょう。

広告募集中